ホーム > 製品情報 > アートコール > 特長と構造

いつもの風景が生まれ変わる「アートコール」

「アートコール」でまちに、緑に、建物にマッチした風景へと生まれ変わります

アートコールで、アスファルトやコンクリートなどの無機質な路面のイメージを、石畳調等の様々な模様でデコレーションすることにより、まちや風景に趣きを取り込むことができます。

耐久性が高く、実際の石畳等と比較して、施工費、メンテナンス費とも非常に低コストに抑えられ、しかも簡単・短納期を実現。オリジナルデザインを施せば、他の場所にはない、あなただけの風景をつくり出せます。

▼味気ないアスファルトもオリジナル空間に

施工前と施工後写真

▼公園や歩道に施工することで優しい空間を演出

施工前と施工後写真

「アートコール」は高耐久で低コスト、しかも簡単・短納期

高耐久性
今までのカラーコンクリートと異なり、色褪せしにくく、紫外線にも強いので屋外にも適しています。
低コスト
実際の石畳等に比べ、施工費、メンテナンス費とも非常に低コストに抑えることができます。
簡単施工・短納期
デザインシートを貼り、カラーパウダーをまくだけなので簡単に施工できます。
オリジナルデザイン
ご自身で考えたデザインやシンボルマーク等を施せば、他の場所にはないオリジナル空間をつくり出せます。

様々な条件、環境に対応できる構造

車両の通行を考慮しない場所(歩行者程度)


A:カラーパウダー/3~5mm
B:コンクリート板/70~100mm
C:砕石または割栗(路盤)/100mm
D:路床
コンクリート板厚
歩道部ではコンクリート板厚は70mmを目安に設計ができますが、わずかでも車両の通行を考慮する場合は板厚100mmを確保することをおすすめします。
溶接鉄鋼(ワイヤーメッシュ)
歩道部では溶接鉄鋼が必需品ではありませんが、耐久性を考慮すると使用することをおすすめします。
目地
歩道部では、車道部と比べてコンクリート板厚が薄いので、乾燥収縮によるひび割れが発生する危険性があります。4mスパン以内の間隔で誘発目地を設ける必要があります。

車両の通行を考慮した場所


A:カラーパウダー/3~5mm
B:コンクリート板/100~150mm
C:砕石または割栗(路盤)/150mm
D:路床/0~150mm

コンクリート板厚
大型車両がほとんど通らない場所(一般的な建築外構等)は100~120mm厚を適用できますが、大型車両が多数(1日に30台以上)通行する場所は150mmを確保する必要があります。
溶接鉄鋼(ワイヤーメッシュ)
車両の通行がある場所では溶接鉄鋼を使用します。
異形棒鋼径6mm、網目150mm、鉄筋量3kg/m2。
遮断層
軟弱地盤の場合には遮断層を設けることをおすすめします。

車両の通行と透水性を考慮した場所


A:カラーパウダー/3~5mm
B:透水性コンクリート/150~200mm
C:砕石または割栗(路盤)/150~200mm
D:路床/0~150mm
  • 浸透能力に優れ、しかも強度があるので駐車場にも最適。
    (普通車程度)
  • 降った雨は完全にその場で処理しますので建築外構にも最適。
  • 雨後の歩行も快適。
  • 樹木の育成に充分に潤いを与えます。
  • 地球温暖化の防止に、また公園遊歩道に最適。
  • 植樹帯などでの地下水にも貢献します。
  • 暑気等高温時の接着剤の溶解がなく、目詰りがありません。
  • 靴へのベタツキもなく、滑ることもありません。
  • 排水を考慮すれば、雨水等の再利用もできます。
透水性コンクリート性状
圧縮強度 160kg/cm2以上
曲げ強度 25kg/cm2以上
透水係数 1.0×10-1cm/see以上
各試験方法
1)圧縮強度試験
JIS.A1108コンクリートの圧縮強度試験方法に準ずる。
2)曲げ強度試験
JIS.A1106コンクリートの曲げ強度試験方法に準ずる。
3)透水係数試験
透水係数試験は現場透水試験方法で行う。