ホーム > 製品情報 > 床暖房システム > バイオオンドル

環境×快適の新しい暮らし。床暖房システム「バイオオンドル」

人と環境にやさしい、遠赤外線放射型健康床暖房 「バイオオンドル」

オンドルとは、極寒の韓国で5000年以上古くから使用されてきた世界でも優れた床暖房の仕組みです。
「バイオオンドル」は、この仕組みを利用し、最先端の技術で改良した低価格で高品質な温水式床暖房システムです。

他の床暖房システムと比べ約2倍の高熱カロリーのパワーを持ち、上板に「麦飯石」を含むバイオセラミックを使用した遠赤外線とマイナスイオン効果で体を芯から暖めます。
さらに、空気清浄効果、抗菌作用効果、悪臭除去効果のある床暖房です。
<特許:第0336255号 意匠登録済>

ハイパワーで健康重視の床暖房

ハイパワーで快適
発熱カロリー276.40Kcal/h/(10φ)と他の床暖房システムと比較して、約2倍の高カロリーのため、室内全体を均等に暖め、補助暖房が不要です。
赤ちゃんから高年齢の方まで毎日快適な生活を楽しむことができます。 熱源機もほとんどのものに対応可能です。
健康重視
麦飯石に熱を加えることにより遠赤外線、マイナスイオンを大量に放出し、体の芯から暖め新陳代謝を促します。
さらに、空気清浄効果、抗菌作用効果、悪臭除去(タバコ、ペットの臭い等)効果もあります。
優れた経済性
ボイラーを使った灯油が燃料の温水式だから、ガスや電気に比べランニングコストが低く、経済的です。
蓄熱・防音性
保温ブロックの多層空気層により熱を蓄え、蓄熱効果が高まります。また、防音効果も発揮します。
安心・安全
バイオ上板の成分、麦飯石・黄土等は熱伝導率が低いため、熱量の約3/4を遠赤外線で放出し、フロアー等に伝えられる熱量は1/4にすぎません。
そのため、フロアー材を過熱する事なく低温やけどの心配がありません。
(バイオ上板温度 37℃~40℃)
ペットにもやさしい
人にやさしいから、ペットや植物にももちろんやさしい。
暖房機等でうっかりやけどをしてしまったり、ちょっと目を離すのも心配なやんちゃなペットでも、部屋全体を暖めるので安心です。

[他の床暖房との比較]

バイオオンドルは、一般的な床暖房システムの約2倍以上の熱カロリーを発散します。
10φ仕様:276.40kcal/h (温水60℃の場合) /15φ仕様:261.98Kcal/h (温水60℃の場合)

メーカー名 商品名 熱カロリー数
当社 『バイオオンドル』 276kcal/h
N社 床上設置温水マット 130kcal/h
根太上設置温水パネル 82kcal/h
高効率温水マット 109kcal/h
根太間パネル 168kcal/h
C社 フロアパネル 139kcal/h

[床暖房と他の暖房システムとの比較]

  床暖房(温水式) ファンヒーター エアコン(HP式)
暖房の形態
室内温度 床面温度 暖かい
30℃前後
やや冷たい
18℃前後
やや冷たい
18℃前後
室温 18~20℃ 22℃前後 22℃前後
快適性 ◎頭寒足熱
スペース性
安全性 ◎外部熱源 △火傷
経済性 イニシャルコスト
ランニングコスト ×
衛生性 ×

バイオオンドルの構造と施工の流れ

小根太の設置→熱反射断熱材の敷き詰め→保温ブロックの敷き詰め→熱伝導板の敷き込み→架橋ポリパイプを配管→バイオ上板をボンドで固定

※15φ用のみ連結ブロックを入れる工程が追加になります。