ホーム > 製品情報 > 床暖房システム > バイオエクセルヒーティング

環境×快適の新しい暮らし。床暖房システム「サーモピア」

高い安全性を誇る電気式床暖房 「サーモピア」

従来の床暖房は、モノを置くとその下だけに熱がこもり、異常昇温すること(こもり熱)がありました。

サーモピアは、自己温度制御機能(PTC)により、温度が上がった部分だけ発熱や消費電力を抑え、過昇温を防ぎます。

床材が反り返ったり、最悪の場合には床を焦がしたりといった事故を回避でき、また小さなお子さまや年配の方がおられる家庭でも安心してご使用いただける床暖房システムです。

サーモピアの構造と自己温度制御機能(PTC)

PTC(Positive Temperature Coefficient=正温度係数)とは、温度が上昇すると、電気抵抗値が正の数だけ変化する特性の事を言い、この抵抗値の変化はヒーターの中に含まれている特殊半導体の膨張によっておこります。つまり、温度が上がると電気が流れにくくなります。
サーモピアの構造図

初期の冷めた状態では半導体粒子が粗く、電流が流れやすくなり温度上昇が続きます。

初期の冷めた状態では半導体粒子が粗く、電流が流れやすくなり温度上昇が続きます。

初期の冷めた状態では半導体粒子が粗く、電流が流れやすくなり温度上昇が続きます。

通電量が多い
発熱量が多い
  通電量が少ない
発熱量が少ない

高い安全性と経済性を備えた電気式床暖房システム

A、Bの場所では、ヒーター自体が電流を少なくし、温度制御します。A、B以外の場所では、通常どおり電流が流れます。
高い安全性を確保
自己温度制御機能(PTC)が、こもり熱による局部的な異常昇温を防ぎ、床焦げや火災事故などから守ります。

A、Bの場所では、ヒーター自体が電流を少なくし、温度制御します。
A、B以外の場所では、通常どおり電流が流れます。
ランニングコストが安く経済的
さらに自己温度制御機能(PTC)は、通電初期による発熱性能が極めて高く、短時間で昇温し、以後一定温度を保つ特性があります。
したがって電力消費も自己制御され、高い省エネ効果も発揮します。
あらゆる環境に対応
薄膜シート形状のため、合板・無垢フロア、カーペット・絨毯、大理石・セラミックタイル、和室、長尺シート・CFシート、RC構造マンションなどあらゆる環境に対応できる柔軟でしかも簡単施工が可能です。
10年保証書付きの高耐久・長寿命。

浴室床暖房にもサーモピアは最適

■施工写真

浴室床暖房施工写真

■断面図

浴室床暖房断面図

■ユニット外観

浴室床暖房ユニット写真

浴室床暖房ユニットは、断熱材付防水構造なので、施工は下地面に置くだけの簡単施工です。
ケーブルは4m付で、そのままコントローラに接続できます。
下地面はモルタル、コンクリート等で構いませんが、さらに断熱能力をアップさせる場合は、20~40tの断熱材を敷き込むことをおすすめします。

1.タイル仕上げ
タイル仕上げが一般的です、この場合タイルの薄さから、ひび割れ防止の目的で、モルタル内に図の如くメッシュを入れて下さい。
2.大理石・石盤仕上げ
大理石・石盤は厚みがある為、メッシュは特に必要としませんが、石の厚みが薄いとか、モルタル厚みが十分取れない場合等、必要とあれば入れて下さい。
浴室床暖房敷設イメージ図

コンクリート(モルタル)埋設 蓄熱式(顕熱)に対応

従来の電熱線ヒーターの埋設方法とは違い、サーモピアは半永久的な耐久性にて、安心して長期にわたりご使用できます。
電熱線ヒーターの場合、線径が釣り糸程細いため、断線によるトラブルを宿命的に抱えおり、断線トラブルでは補修が難しく、その費用は大変高価になります。
施工は建築現場にて、特殊な防水シートの使用で、ヒーターをサンドイッチにし、浸水を完全に防止する構造です。
サーモピアシステムは、蓄熱式(顕熱)床暖房にも対応しています。
下地コンクリートスラブとモルタル厚みの蓄熱量だけで、所定の蓄熱量が得られます。これは最も安価な蓄熱システムです。

モルタル敷設構造図

■断面図(埋設構造例)

モルタル敷設断面図

■施工写真

施工写真1 施工写真2 施工写真3 施工写真4
下地防水シート面に
ヒーター敷設
  ヒーター上面に
防水シート敷設
  メッシュを敷設   カーペット仕上げ