ホーム > 製品情報 > 断熱材 > フォームライトSL

環境×快適の新しい暮らし。「フォームライトSL」

ZEHについて

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)のことです。外皮断熱性能向上や高性能設備の設置による「省エネ化」と電気を生み出す「創エネ化」を組み合わせ、1次消費エネルギーが正味(ネット)でゼロとなる住まいを目指します。

住宅の断熱基準は「平成28年基準」から「ZEH基準」へ

地球環境に優しい社会の実現に向けて、住宅の省エネルギー化が求められる時代となりました。
近年は、「平成28年省エネルギー基準」が高断熱住宅の主軸となっていましたが、国は住宅の1次消費エネルギーがゼロとなる「ZEH基準」の普及を進めています。国が示したロードマップでは、2020年までに新築住宅の過半数でZEH実現を目指しています。

ZEHのメリット

  • 省エネルギー(光熱費の削減)
  • CO2削減(地球温暖化防止)
  • 住まいの健康面(健やかな住まい環境の構築)
    外皮性能を高めた高気密・高性能の住まいは、健康面でもさまざまなメリットが期待できます。
    • 風邪、肺炎、気管支炎、血圧上昇などの改善
    • 急激な血圧変動による血管へのダメージ「ヒートショック」の抑制
    • 結露の発生を抑え、カビやダニによるシックハウス症候群を抑制
    • 夏涼しい住まいの実現による熱中症の予防

マシュマロ断熱の家

「マシュマロ断熱の家」は、フォーム内のほとんどが空気でできた断熱材「フォームライトSL」を用いて、高気密·高断熱の家を実現します。断熱材の中の空気が外気と置換しても、元々が空気のため、内部にガスを用いた断熱材と異なり、性能が劣化することはありません。それにより省エネ、静寂、長期耐久、健康的など、さまざまなメリットを生み出し、快適な環境が長く続く住まいの「ロングライフ」を可能にします。

マシュマロ断熱の家の特徴

Point1
気になる光熱費。ランニングコストがとても経済的!
マシュマロ断熱の家は、高度な断熱・気密化により、外気との無駄な熱交換を無くし、温度差の少ない快適空間をご提供します。
高気密高断熱化により、暖房費は約半額、冷房費用もコストダウンすることが可能です。(弊社モデル数値より)
マシュマロ断熱は構造材(柱・土台)に接着をするため、冷気の侵入が無く、温度差を抑えることが出来ます。
Point2
優れたコストパフォーマンス素材
マシュマロ断熱の家の素材となるフォームライトSLは数十倍に発泡し、フォーム内のほとんどが空気という環境にやさしい断熱材です。
これにより超軽量・高密度化を実現、材料コストの低減に役立ちます。 また、現場発泡という施工法は、物流コスト、現場廃材処理コストまでもを低減、どんな形状や厚み、細部にも隙間なく密着するので断熱素材として、無駄がなくコストパフォーマンスが高いのです。
Point3断熱工事と気密工事を同時対応!
建物に隙間が多いと、風や湿気が外から建物の中に入ってきます。
建物を効率的に換気するには、まず高い気密性をもった住宅を造る必要があります。
高い気密性があってはじめて、効率的に計画的に建物を換気することが可能なのです。
24時間換気システムとの組み合わせで、フォームライトSLは健康的な空気環境を造りだします。
Point4劣化が少ない断熱材
フォームライトSLはその高い気密性と低い吸湿性により住まいの大敵である躯体内の結露を防止し、構造材の劣化を防ぎ、建物の耐久性を高めます。
また、壁の中でアレルギーの原因となるカビやダニが発生するのを防ぎます。
フォームライトSLは長期間に亘って安定した性能を発揮し、建物をいつまでも健康な状態に維持します。
Point5静粛性にも効果あり!
マシュマロ断熱の家の優れた気密性は、今まで隙間から入り込んできた外部の騒音や、気になる内部の生活音の漏れをシャットアウト。
フォームが構造材に接着することで、共振や反響も和らげます。さらに、その連続気泡構造は音をフォーム内に分散し、静かな生活環境を維持します。
Point6施工品質が安心のマイスター制度
断熱材は正しい施工を行わなければ、期待したメリットが得られません。そこで弊社では、実際に施工する施工店に対して独自の技術担保制度を導入。一定以上の施工技術を修めたものに「マイスター」認定を行い、現場での施工品質の向上に努めています。

現場発泡ウレタンフォーム断熱材とは?

特徴

従来の断熱材と異なり、現場にて断熱材を形成。2液(A液、B液)が化学反応をする事で 断熱材を形成。

効果

専門業者による材工工事となり、断熱・気密工事が短期間で可能(およそ2日間)。吹き付けた液体が膨らんで断熱層になり、わずかな隙間にも入り込み、隙間知らずの高性能断熱。 素材に接着性がある為、気密施工が不要。 (断熱/気密同時施工。)

フォームライトSL-100(平成28年省エネルギー基準 適応商品)

長期にわたり断熱・気密性の劣化がなく その快適性を維持する現場発泡ウレタンフォーム断熱材

フォームライトSL-100は、2002年に100倍発泡の戸建て住宅用断熱材として販売を開始した、フォームライトSLシリーズの基本となる製品で、水発泡のノンフロン低密度硬質ウレタンフォームです。 高気密・高断熱住宅を実現できる理由は、フォーム内部の99%が空気であり、その空気で断熱をしていますから断熱性能の劣化がありません。また、現場発泡で構造躯体にぴったり接着しますので、形状を問わず隙間のない施工が可能です。躯体に接着しながら断熱層を形成するため、脱落・落下をすることなく長期間性能を維持できます。また、構造体の温度変化や劣化による伸縮にも柔軟に対応。長期にわたり剥がれたり、隙間ができたりすることもありません。
形成された断熱材の内部はほとんどが空気であり、環境負荷が小さい。内部ガスが空気であり、断熱性の劣化がない。非常に軽く、接着性がある為、脱落や垂れ下がりがない。断熱材に伸縮性がある為、躯体の変化に追随し、気密性が保持される。

外気や断熱材、木材を空気が往来 呼吸する躯体を持った健やかな住まいを作る

「マシュマロ断熱の家」で使われる断熱材の素材「フォームライトSL-100」は、フォーム内のほとんどが空気でできています。 空気がたっぷり含まれた連続気泡構造なので、木造住宅に用いた場合、施工した柱や梁などの木材の呼吸を止めることがなく、住まいの躯体を健康的に長持ちさせる特長もあります。 また、断熱材の中の空気が外気と置換しても、元々が空気のため、内部にガスを用いた断熱材と異なり、性能が劣化することはありません。

フォームライトSL-50α(ZEH 適応商品)

ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)に対応した 住まいの省エネ化や快適性などを実現する断熱材

高気密・高断熱住宅を実現する現場発泡フォームライトSLシリーズから、さらなる高性能化に加え、環境にも配慮した断熱材が「フォーラムライトSL-50」です。従来品に比べて断熱性能は35%上昇。2020年の省エネ適合義務化はもちろん、ZEHビルダー登録制度にも有効な商品です。

透湿抵抗が大きく、湿気がフォーム内を透過しにくいため、別途防湿層を設置する必要がありません。 透湿率9.0(ng/m・s・Pa)以下

断熱性能向上により、従来の厚みより30%低減が可能になりました。

Point1
防湿層が不要
フォームの高密度化により透湿抵抗が向上しています。そのため、湿気がフォーム内を透過しにくいため、室内側の防湿層を別途で設置する必要がなく、その分の工期の短縮化やコストの削減ができます。*透湿率9.0(ng/m·s·Pa)以下
Point2
断熱性能をSL-100と比較して35%向上
高性能の発泡剤をフォーム内部に閉じ込めることにより、断熱性能の35%向上に成功しました。熱伝導率は0.026(W/m·K)以下で、その分、従来品(フォームライトSL-100)に比べて厚みをおさえることができ、寒冷地でも標準的な壁厚に納めることが可能です。
Point3
SL-100のユーザーはZEHへの切り替えもスムーズ
従来のフォームライトSL-100のユーザーなら、断熱材をフォームライトSL-50αに変更するだけでZEH対応が可能です。施工方法も同じで、事前準備も従来と変わらないため2020年に向けたZEHへスムーズに移行できます。

施工手順


▲現場へ到着

▲準備作業

▲養生作業

▲屋根に吹き付け

▲壁に吹き付け

▲金物への処置

▲厚み検査、削り、清掃

▲施工完了
壁用遮熱・透湿・防水・防風シート「スマートライフFDS」屋根裏通気層確保用スペーサー「ベントレイヤーFD」